神鳳鈔 附 神鳳鈔(御巫本)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009616  更新日 令和2年6月15日

印刷大きな文字で印刷

じんぽうしょう つけたり じんぽうしょう(みかんなぎぼん)

指定区分
指定種別
有形文化財(古文書)
指定登録
平成19年6月8日
所在地
伊勢市宇治館町1番地
管理者
神宮

概要

鎌倉時代の内宮・外宮の神領である神戸・御厨・御薗・神田・名田等を国別に記した書物で、成立は南北朝時代中期と推定されます。
書写年代は巻末の付載から享徳元年(1452)以降と考えられます。
また、附の『神鳳鈔』は嘉永6年(1853)に御巫清直が「内宮文殿本」を影写したものです。

参考文献:『三重県史』別編 美術工芸(解説編)

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。