木簡(柚井遺跡出土2号)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009664  更新日 令和2年6月15日

印刷大きな文字で印刷

もっかん(ゆいいせきしゅつど2ごう)

指定区分
指定種別
有形文化財(考古資料)
指定登録

平成12年3月17日

所在地
伊勢市神田久志本町1704
管理者
皇學館大学

概要

柚井遺跡(桑名市多度町)から昭和3年(1928)に発掘され、平安時代のものと考えられます。
内容は櫻樹郷(現在の岐阜県大垣市上石津町)の守部が稲穂のついた米の代わりに脱穀した籾1石を柚井遺跡に送った事が記されています。
日本で初めて出土した現存する古代の木簡として貴重なものです。

参考文献:『伊勢市史』第7巻 文化財編

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。