政治家(おうち企画展)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009911  更新日 令和4年1月5日

印刷大きな文字で印刷

尾崎 行雄(おざき ゆきお)1858~1954

写真:尾崎行雄

神奈川県に生まれた行雄(咢堂がくどう)は、13歳の時に父親の転勤で伊勢に住み、外宮近くの豊宮崎文庫(現、旧豊宮崎文庫)で学びました。第1回衆議院総選挙に、父の住む三重県5区から出馬し31歳の若さで初当選すると、明治、大正、昭和の3代にわたり、63年間国会議員として活躍し「憲政の父」と呼ばれました。東京市長との兼務時代に、市長として道路や上・下水道の改良、ガス・電車料金の適正化などに大きな功績を残しました。また、日米友好の証としてアメリカのワシントンに桜の苗木3,000本を贈り、その返礼としてハナミズキが贈られました。今でもワシントンのポトマック公園には、春のおとずれとともに桜並木が咲き誇ります。

※憲政=憲法によって行う政治

尾崎行雄ゆかりの地

尾崎咢堂記念館

記念館では、ありし日の尾崎行雄の写真、遺筆、遺品等を展示しています。

写真:尾崎咢堂記念館

旧豊宮崎文庫

現在、建物としては三間棟門(さんげんむねもん)と練塀(ねりべい)のみが残っています。

写真:旧豊宮崎文庫

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。