御頭神事

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002218  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

おかしらじんじ

指定区分
指定種別
無形民俗文化財
指定登録
昭和52年5月17日
所在地
伊勢市御薗町高向
管理者
高向区

写真:御頭神事

概要

その起源は、養和年中(1181~1182)に飢饉や悪疫を祓い清めるため踊り舞ったこととされています。
昼は「七起こしの舞」(スサノオノミコトの大蛇退治をかたどったと言われる舞)、フクメモノ(家々へ悪魔祓いに出る行事)が行われ、夜は打祭(うちまつり)といって、御頭揚げや斬祓の舞などが行われます。

参考文献:『御薗村誌』

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。