能楽(能面・能衣装)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002227  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

のうがく(のうめん・のういしょう)

指定区分
指定種別
無形民俗文化財
指定登録
昭和33年12月22日
所在地
伊勢市一色町
管理者
一色町

写真:能楽(一色町)の様子

概要

戦国時代に北畠氏が滅亡したとき、伊勢三座の一つ和屋座が一色に移り住み、神社の祭礼に神事と能を組み合わせたのが一色能の始まりです。
元禄の頃、喜多流に転向しましたが神楽(しんがく)と翁は古式のままを継承しています。

参考文献:『一色の翁舞調査報告書』

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。