箕獅子舞

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002230  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

みじしまい

指定区分
指定種別
無形民俗文化財
指定登録
平成7年3月1日
所在地
伊勢市二見町西
管理者
西区

写真:箕獅子舞

概要

江戸時代初期、二見の神領復帰に尽力した第七代山田奉行花房志摩守をしのぶために始まったといわれています。
現在は、毎年1月中旬の日曜日に花房志摩守供養碑の前で、花房志摩守への報恩の祈りとして舞が行われています。
箕を合わせた獅子頭については、江戸時代に記された『宮川夜話草』などの書物にも見られます。

参考文献:『お祭り備忘録』パンフレット

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。