猿田彦神社の御田祭

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002213  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

さるたひこじんじゃ の おみた

指定区分
指定種別
無形民俗文化財
指定登録
昭和46年3月17日
所在地
伊勢市宇治浦田2丁目
管理者
猿田彦神社
写真1
挿苗

写真2
団扇角力

写真3
豊年踊

概要

毎年5月5日に豊作豊漁を祈願して行われる神事で、桃山時代の風俗衣裳を身につけた男女16名が田楽の囃子にのって苗を植えていきます。挿苗後は御神田で大団扇を打ち合わせる「団扇角力(うちわずもう)」が行われ、御神田での行事が終ると拝殿前に移り「ハエーヤハエ」の掛声とともに「豊年踊」が、そして「団扇破り」が行われます。

参考文献:『伊勢市史』第7巻 文化財編

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。