上條大念仏かんこ踊り

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002223  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

かみじょう だいねんぶつ かんこおどり

指定区分
指定種別
無形民俗文化財
指定登録
昭和46年8月1日
所在地
伊勢市御薗町上條
管理者
上條区
写真1
かんこ踊り

写真2
手筒花火

概要

高祖霊供養の総会的な盆行事で、8月14日夜に行われます。創始の時期は江戸時代初期であるとされます。高伝寺と西方寺の境内(隔年交替)及び上條児童公園が会場で、寺に練り込んだ後、手筒花火を焚き、その後、大念仏踊りが始まります。
かんこ踊りは「七振り半」といってカッコを七回打ち振り、その次の所作で元の位置に戻ります。

参考文献:『御薗村誌』

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。