寂照寺 金毘羅堂

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002198  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

じゃくしょうじ こんぴらどう

区分
種別
登録有形文化財(建造物)
登録年月日
平成23年7月25日
所在地
伊勢市中之町101
管理者
寂照寺

写真:寂照寺 金比羅堂

概要

寂照寺は、徳川家康の孫、千姫の菩提所として建立され、画僧月僊により再興された浄土寺院です。
この金毘羅堂は棟札により天保10年(1839)の建立であることがわかります。
全体を和様でまとめ、近世後期からの寺観を形成する祠堂として重要な遺構です。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。