麻吉旅館名月・雪香之間

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005929  更新日 令和元年12月30日

印刷大きな文字で印刷

あさきちりょかん めいげつ・せっこうのま

区分
種別
登録有形文化財
登録年月日
平成17年2月9日
所在地
伊勢市中之町109-3
管理者
有限会社 麻吉

写真:麻吉旅館 名月・雪香の間

概要

麻吉旅館は、伊勢神宮の参拝を終えた客に「精進落とし」として遊興を提供する料亭でした。
「懸造り」と呼ばれる独特の建築様式であり、一番下から数えると5階建てになっています。
名月・雪香の間は尾崎咢堂の書斎として使われていました。

参考文献:『伊勢市史』第7巻 文化財編

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。