木造千手観音坐像

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009577  更新日 令和2年6月15日

印刷大きな文字で印刷

もくぞうせんじゅかんのんざぞう

指定区分
指定種別
有形文化財(彫刻)
指定登録
大正5年5月24日
所在地
伊勢市二見町江1659番地
管理者
太江寺

概要

太江寺の本尊で、榧材寄木造りの42臂の千手観音像です。頭上中央の仏面が特に大きく、白毫水晶をあらわし、頭髪・眉・目・口唇のみに彩色を施しています。
制作年代は仏像のつくり等から鎌倉時代前期と考えられます。
県内では比較的少ない千手観音の作例として、また、鎌倉時代前期の代表的な仏像として、貴重なものです。

参考文献:『二見町史』、『三重県史』別編 美術工芸(解説編)

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

文化政策課
〒519-0592
三重県伊勢市小俣町元町540番地 小俣総合支所1階
電話:0596-22-7885
ファクス:0596-22-3454
文化政策課へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。