消費生活出前講座

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002982  更新日 令和2年1月6日

印刷大きな文字で印刷

伊勢市消費生活センターでは、消費者トラブルの未然防止を目的とし、消費生活に必要なさまざまな知識を学んでいただくために、消費生活出前講座を開催しています。
消費生活出前講座では職員が手づくりで作成した紙芝居などを活用し、市民のみなさんにわかりやすい講座を実施しております。紙芝居のほかにもDVDや、クイズなどもご用意しています。

2022年4月の成年年齢引き下げを踏まえ、これから成人を迎える高校生や若い方々へのご利用もお待ちしております。
また、日々の相談業務の中で、子どもの頃から金銭感覚を身につけることの重要性を認識し、消費者教育の取組の一つとして、小学校・中学校において、金融教育出前授業も行っております。 

生活安全や消費生活知識の習得のために、出前講座・出前授業をぜひご活用ください。
講座の内容など、お気軽にご相談ください。

講師派遣費用

無料

申込み条件

市内に在住・在学・在勤する10名以上のグループ・団体

問合せ先

伊勢市消費生活センター

場所:伊勢市役所本庁舎 東館3階 商工労政課内 (令和元年5月13日~)
電話:0596-21-5717(平日 午前9時~正午 / 午後1時~午後4時)

紙芝居紹介

「だまされちゃったマサオさん あなたなら、どうしますか?」(高齢者向け)

あらすじ

一人暮らしのマサオさんのところに、架空の証券会社から未公開株購入を勧める電話がかかってきます。マサオさんは、離れて暮らす孫の声に似た販売員と話しているうちに、孫を思い出し、販売員と親しくなります。その後、その未公開株を別の証券会社からも、高値で買い取るという電話がかかってきます。近年増えている「劇場型」と言われる手口を題材にしています。

紙芝居:「だまされちゃったマサオさん」表紙

紙芝居:「だまされちゃったマサオさん」本題1枚目

「明るい未来のために…債務整理について考えてみよう!」(一般者向け)

あらすじ

37歳のリエは友人に頼まれてクレジットカードを作ったことをきっかけにカードでの買い物をするようになります。現金を持ち歩く必要もなく、ポイントも貯まるカードは便利でついつい使い過ぎ、気がつくとクレジット会社からも消費者金融からも限度額まで借入れ、とても返済できない金額にまでなっていました。ふと目にした「広報いせ」の伊勢市消費生活センターでの「多重債務相談」の記事を目にし…。

紙芝居:「明るい未来のために」表紙

紙芝居:「明るい未来のために」本題

「たけるくんのおこづかい帳 おこづかい帳をつけてみよう」(小学生向け)

あらすじ

小学校5年生のたけるくんは、金融教育出前授業でもらったおこづかい帳をつけ始めます。おこづかい帳をつけることでお金の大切さ、お金を計画的に使うこと、ものを無駄にしないことに気づきます。お金を払ってものを買うことは契約という売る人と買う人の約束だから、守らないといけないことも理解します。

紙芝居:「たけるくんのおこづかい帳」表紙

紙芝居:「たけるくんのおこづかい帳」本題

作成・あらすじ

伊勢市消費生活センター

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-21-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。