メタボリックシンドロームの予防

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1013242  更新日 令和3年11月18日

印刷大きな文字で印刷

生活習慣病はある日突然発症するのではなく、多くは不健康な生活習慣を長年にわたって積み重ねた結果、発症します。

メタボリックシンドロームは、食べすぎや運動不足などの不健康な生活習慣から内臓に脂肪がつく肥満が原因で、高血圧や糖尿病・脂質異常症などの生活習慣病を発症しやすくなっている状態のことをいいます。つまり生活習慣病の一歩手前です。

健康診査でご自身の健康状態を確認するとともに、健康的な生活習慣を実践し、メタボリックシンドロームや生活習慣病の発症の予防や改善に取り組みましょう。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

健康課(中央保健センター)
〒516-0076
三重県伊勢市八日市場町13番1号
福祉健康センター2階
電話:0596-27-2435
ファクス:0596-21-0683
健康課(中央保健センター)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。