古い扇風機やエアコンによる火災[2020年5月26日更新]

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005529  更新日 令和2年5月26日

印刷大きな文字で印刷

古い扇風機やエアコンによる火災事故が毎年のように発生しています!

《扇風機》特に製造から10年以上経っている製品は注意が必要です

イラスト:古い扇風機

製造から10年以上経っている製品で、劣化した部品が発熱し火災につながる事故が多く発生しています。
次の症状のうちひとつでも該当する場合は、すぐに使用を中止し、電源プラグをコンセントから抜いて販売店やメーカーなどに相談しましょう。

こんな異常に注意

  • スイッチを入れても羽根が回らない
  • 羽根が回っても、
    • 回転が異常に遅い
    • 不規則な回り方をする
    • 羽根が回転する時、異常な音や振動がする
  • モーター部分が異常に熱い、焦げ臭いにおいがする
  • 羽根にヒビが入っていたり、ガードが変形している
  • 電源コードが折れ曲がっている、破損している
  • 電源コードを触ると、羽根が回ったり止まったりする

 

《エアコン》エアコンでも発火・火災などの事故が発生しています!

主な火災事故原因

  • 電源コードの改造や修理・接続により、接続部分が異常発熱・発火
  • エアコン洗浄液が機器内部に侵入し、漏電により発煙・発火
  • 機器内部に小動物(ナメクジ・ゴキブリなど)が侵入し、基盤に接触することによりショート・異常発熱

こんな異常に注意

  • 電源コードや電源プラグが異常発熱
  • 電源プラグが変色している
  • 焦げ臭いにおいがする
  • ブレーカーが落ちる
  • 異音がする
  • 室内機から水漏れがする

アドバイス

  • エアコンのプラグは専用のコンセントにつなぎましょう
    エアコンは消費電力が大きいため、延長コードを使用すると発熱・発火のおそれがあります。エアコンのプラグは定期的にほこりを掃除し、エアコンを使用しない時期はコンセントから抜いておきましょう
  • エアコンの洗浄は購入店などに相談しましょう
    市販の洗浄剤などを使用する場合は、取扱説明書をよく読み、注意事項を守って使いましょう
  • 室外機のまわりは片づけておきましょう
    段ボールや植木鉢などを置いておくと、室外機にナメクジ・ゴキブリなどが入り込みやすくなります

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-21-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。