2020年9月18日 窓やベランダからの子供の転落事故に注意!

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1010480  更新日 令和2年9月18日

印刷大きな文字で印刷

子どもの転落事故が増加しています!

網戸に補助錠をつけたり、ベランダに台になる物を置かない!!

消費者庁提供イラスト(室外機を登ろうとする子ども)

子どもが住居などの窓やベランダから転落し死亡する事故が多く発生しています。

事故の状況

  1. 夏頃から転落事故が増加
  2. 3~4歳の子どもの事故が多い
  3. 2階からの転落でも入院が必要な中等症と診断されている事例が多い
  4. 窓が開いた部屋で子供だけで遊んでいて発生する事例が多い

事故防止のポイント

  1. 窓やベランダの手すり付近に足場になるものを置かないようにしましょう
  2. 窓、ベランダの手すり等に劣化がないか定期的に点検しましょう
  3. 窓や網戸には、補助錠をつけましょう

子どもから一瞬たりとも目を離さないことはできず、限界があります。見守りと合わせて転落事故が起こらない環境づくりを行いましょう!

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-22-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。