機械式立体駐車場の安全対策

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1002993  更新日 令和2年7月29日

印刷大きな文字で印刷

機械式立体駐車場における利用者等の死亡・重傷事故は、平成19年度以降、少なくとも32件(うち死亡12件)発生しており、中には子供が亡くなる痛ましい事故も発生しています。
また、マンションの駐車場での事故が全体の半数以上を占めるなど、利用者が自分で駐車装置を操作する時に多くの事故が発生しています。
このため、国土交通省では機械式立体駐車場に関わる関係者(製造者、設置者、 管理者、利用者)が取り組むべき安全対策を取りまとめた「機械式立体駐車場の安全対策に関するガイドラインの手引き」を公表しています。
また、国土交通省及び消費者庁は、特にマンション等の駐車場の管理組合や利用者の皆様にチェックしていただきたいことを「管理者向け自己チェックシート」取りまとめましたので、安全対策の検討・実施にご活用ください。

PDFファイルをご覧いただくには、「Adobe(R) Reader(R)」が必要です。お持ちでない方はアドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウ)からダウンロード(無料)してください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-21-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。