2020年12月3日 収れん火災に注意!

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1011089  更新日 令和2年12月3日

印刷大きな文字で印刷

写真:収れん火災現場

イラスト:収れん火災のしくみ

1年のうち1月と11月、4月に多く発生しています!

イラスト:収れん火災
収れん火災のしくみ

収れん火災の原因となった物は、鏡や透明な球体が多く、吸盤や車のホイール、置き時計や照明器具、除菌剤などでも起きています。1年のうち1月と11月、4月に多く発生しており、これから空気が乾燥しやすく、太陽の高度が低くなって部屋の奥まで光が差し込む冬場を迎えるに当たり、以下の点に注意しましょう。

  1. 窓際や太陽光が差し込む範囲には、収れん現象が起こる可能性がある鏡やガラス玉等を置かない
  2. 外出する際には、レースのカーテンを閉めるなどして遮光する
    カーテンの隙間にも注意しましょう。
  3. 自動車やバイク、水を入れたペットボトルなど屋外にも気を付ける
  4. 朝夕や冬場は特に注意!
    太陽の高度が低く、部屋の奥まで太陽光が差し込みやすいので特に注意しましょう。

イラスト:収れん現象の原因となるもの

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-22-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。