組立式家具の緩みによる「けが」に注意しましょう![2020年4月7日]

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1009232  更新日 令和2年7月29日

印刷大きな文字で印刷

組立てたあとも緩みやぐらつきがないか確認をしましょう!

組立式家具は安価で購入でき、運搬も容易ですが、次のような事例が発生しています。

  1. 不適切な組立てにより、負傷した。
  2. 完成後、ねじの締付け不足や過剰により一部が破損し転倒した。

事故を予防するために

組立家具を組み立てるイラスト

  1. 組立て前に、部品がそろっているか、傷等がないかを確認しましょう。
  2. 組立説明書をよく読み、完成図を確認をしましょう。
  3. 組立て時は作業スペースを広めに確保をしましょう。
  4. 組立て中の指挟み等に注意をしましょう。
  5. 組立て後も、定期的に点検(ねじ等の緩みなどの確認)をしましょう。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-21-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。