【質問】なぜ子どもは新型コロナウイルス感染症にかかっても軽症や無症状であることが多いのですか?(「広報いせ」令和3年3月1日号掲載)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1011579  更新日 令和3年3月25日

印刷大きな文字で印刷

健康なんでも相談室イメージバナー

皆さんが疑問に思っている健康などに関する素朴な質問に対し、市立伊勢総合病院の谷崎医師がお答えします。さまざまな症状の患者さんに対応する「総合診療科」の観点から、分かりやすく「広報いせ」などでお答えしていきますので、皆さんの日常生活にぜひお役立てください。

【回答】その理由は完全には解明されていませんが、子どもはかかりにくく、重症化しにくいことは事実です。(令和3年3月1日現在)

世界共通で、子どもは新型コロナに感染しにくく、発症してもほぼ軽症で、かつ他人に感染させにくいことが分かっています。また、子どものほとんどが家庭外ではなく家庭内で感染していることも分かっています。そして、学校や幼稚園・保育園に通っている子どもが新型コロナに感染した場合、休校・休園による感染拡大防止の効果はありますが、子どもの学習の遅れや心理的ストレス、保護者の精神的・経済的負担の増加による不利益は大きいといえます。また、ソーシャルディスタンス(最近は肉体的な物理的距離をとるという意味で、フィジカルディスタンスとも呼ばれます)は確実に感染防止に有効ですが、子ども同士の過剰なソーシャルディスタンスは子どもの成長面ではむしろ有害です。よって、子どもの感染防止対策は完璧を求めるのではなく、できる範囲で無理なく継続していくことが大切です。何にせよ子どもの新型コロナ感染のほとんどが家庭内からという事実がある以上、子どもを守るために最も有効なことは、我々大人が感染防止対策を行い、感染しないことなのです。

感染防止の3つの基本

  1. 【人との間隔をあける】感染の防止には、不特定多数の人と接触する機会を少なくすることが大切です。特に集団感染のリスクが高い「3つの密(密閉空間・密集場所・密接場面)」を避けましょう。
  2. 【マスクの着用】症状がなくてもマスクを着用しましょう。
  3. 【手洗い】帰宅時はもちろん、外出先でもこまめに石けんで手を洗いましょう。手指消毒薬の使用も有効です。洗っていない手で目や鼻、口などをふれないようにしましょう。

健康に関する素朴な質問を募集中!

質問の応募方法

皆さんからの、日常生活で気になるちょっとした「健康に関する質問」を募集します。いただいた質問は、谷崎医師がピックアップ(選択)し、「広報いせ」などで随時お答えしていきます。

募集期限

当面の間(新型コロナウイルスの感染が収束するまで)

質問方法

質問内容とともに住所・氏名・電話番号を記入し、直接または郵送・ファクス・Eメール・本ページ内の健康なんでも相談室質問受け付けフォームで伊勢市役所広報広聴課(〒516-8601 岩渕1丁目7-29、ファクス 22-9699、Eメール ise-koho@city.ise.mie.jp)へ

※質問者の住所・氏名・電話番号は掲載しません。(本取り組み以外には使用しません)
※質問内容・回答は、市のホームページ・SNS・ケーブル行政放送などの市広報媒体で掲載する場合があります。
※質問内容は、必ず「健康に関する質問」でお願いします。掲載に不適切であると思われる質問にはお答えできません。
※いただきました全ての質問にお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

健康なんでも相談室質問受け付けフォーム

本受け付けフォーム内において必須事項を記入し、「内容」欄に質問内容とともに住所・氏名・電話番号をご記入ください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このホームページ(本ページを含む)は、役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市役所
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号