【質問】新型コロナワクチン接種前後でしてはいけないことはあるのでしょうか?(「広報いせ」令和3年7月15日号掲載)

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1012709  更新日 令和3年7月9日

印刷大きな文字で印刷

健康なんでも相談室イメージバナー

皆さんが疑問に思っている健康などに関する素朴な質問に対し、市立伊勢総合病院の谷崎医師がお答えします。さまざまな症状の患者さんに対応する「総合診療科」の観点から、分かりやすく「広報いせ」などでお答えしていきますので、皆さんの日常生活にぜひお役立てください。

【回答】多量の飲酒と激しい運動は控えましょう。

一般に、ワクチン接種前後では多量の飲酒や激しい運動を避けるよう指示されます。これらが原因でワクチンの効果が大きく落ちるわけではありませんが、過度な飲酒による二日酔いや過度な運動による筋肉痛などの症状がワクチンの副反応(頭痛・倦怠感・筋肉痛といった全身症状や、接種部位の痛みや赤みなどの局所症状)と似ているため、どちらか区別がつきにくくなる可能性があるからです。実際に、ワクチン接種後に発熱や痛みなどの副反応が出た場合の対応としては、冷やしたり解熱鎮痛薬を内服したりすることで症状改善が期待できます。ただし、副反応の予防目的にワクチン接種前から解熱鎮痛薬を内服しておくことは、推奨されません。その理由としては、もし副反応が出なかった場合、薬の副作用のリスクだけ負うことになるためです。
なお、新型コロナワクチンの副反応はおおよそ接種から2日以内に出現し、数日間続くことが分かっています。大多数の人は軽い症状で終わりますが、人によっては日常生活に支障が出るほどの症状が出ることもあるので、入学試験や結婚式など、外せない重要なイベントがある場合には、直前に接種をしないように調整した方が良いでしょう。

健康に関する素朴な質問を募集中!

質問の応募方法

皆さんからの、日常生活で気になるちょっとした「健康に関する質問」を募集します。いただいた質問は、谷崎医師がピックアップ(選択)し、「広報いせ」などで随時お答えしていきます。

募集期限

当面の間(新型コロナウイルスの感染が収束するまで)

質問方法

質問内容とともに住所・氏名・電話番号を記入し、直接または郵送・ファクス・Eメール・本ページ内の健康なんでも相談室質問受け付けフォームで伊勢市役所広報広聴課(〒516-8601 岩渕1丁目7-29、ファクス 22-9699、Eメール ise-koho@city.ise.mie.jp)へ

※質問者の住所・氏名・電話番号は掲載しません。(本取り組み以外には使用しません)
※質問内容・回答は、市のホームページ・SNS・ケーブル行政放送などの市広報媒体で掲載する場合があります。
※質問内容は、必ず「健康に関する質問」でお願いします。掲載に不適切であると思われる質問にはお答えできません。
※いただきました全ての質問にお答えできませんので、あらかじめご了承ください。

健康なんでも相談室質問受け付けフォーム

本受け付けフォーム内において必須事項を記入し、「内容」欄に質問内容とともに住所・氏名・電話番号をご記入ください。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市役所
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号