2020年5月13日「食品ロス削減」食べ物のムダをなくそう

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1005612  更新日 令和2年5月15日

印刷大きな文字で印刷

食品ロスとは?なぜ食品ロスの削減が必要なの?

食品ロスとは、まだ食べられるのに廃棄される食品のことです。

  • 日本では、年間約2,550万トンの食品廃棄物等が出されています。このうち、まだ食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」は612万トンです(平成29年度推計)。
  • 食品ロスを国民一人当たりに換算すると、お茶碗約1杯分の食べものが毎日捨てられていることになります。
  • 一方で、日本の食糧自給率は39%程度で、先進国の中でも最低水準です。

食品ロスの問題を知って、できることから始めてみませんか。

  • 賞味期限と消費期限をしっかり理解しましょう。
  • 過度な“新鮮”への志向を考え直しましょう。

食品ロス削減特設サイト「めざせ!食品ロスゼロ」

消費者庁では、食品ロス削減特設サイトを設け、食品ロス削減の工夫や取組を紹介しています。

「食品を無駄にしないレシピ」の紹介

消費者庁では、料理レシピサイト「クックパッド」に「食材を無駄にしないレシピ」を掲載しています。

ロゴマーク:料理レシピサイト「クックパッド」

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-22-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。