2019年11月13日「お金を支払わせようとする架空請求メール」の相談が増えています

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1007930  更新日 令和2年1月14日

印刷大きな文字で印刷

心当たりのないメール・SMSの「言葉」にすぐに、反応しないで!

代表的な事例

次のような、メールがスマホなどに来ても、まずは、落ち着いて、消費生活センターに相談しましょう!

(1)利用料金が未納といって架空料金を請求する場合

コンテンツ使用の架空利用料金イメージ画面

退会処理ができていないという架空請求メールイメージ画面


※実在の事業者の名前を騙ってメールをしてくる場合があります。

記載の電話番号に、慌てて電話などをしないようにしましょう。

(2)偽運送会社から商品を持ち帰ったように装う場合

宅配業者を名乗る偽メールイメージ画面


※絶対、SMS内のURLをタップしない。

万が一、タップすると、アプリのダウンロードが始まり、その後、

  1. スマートㇷォンを不正に操作される
  2. スマートㇷォン内の情報が外部に送信される

等の被害が発生しています。

このようなメール内のURLには、絶対触らないことを心掛けましょう。

(3)偽銀行からの問い合わせメール

偽銀行からのメールイメージ画面


※偽銀行は、銀行口座番号、暗証番号等の「個人情報」を入れさせようとする画面を表示させることがあります。

金融機関は、webで、個人情報を入力させることはいたしません。
金融機関に、直接出向いて、確認しましょう。

(4)他に色々な内容で架空請求メールが送られてくる場合があります。注意しましょう。

消費者へのアドバイス

  1. 未納料金を請求されても、決して相手に連絡しないようにしましょう。
  2. 誤って連絡し、コンビニに行くように指示されても、決して応じないようにしましょう。

※不安に思ったり、トラブルにあった場合は、すぐに伊勢市消費生活センター(0596-21-5717)伊勢警察署(0596-20-0110)へ相談しましょう

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-22-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。