2019年12月17日 行政機関から「アンケート調査」の電話がかかってきた。本物?!

ツイッターでツイート
フェイスブックでシェア
ラインでシェア

ページ番号1007924  更新日 令和3年1月4日

印刷大きな文字で印刷

消費者へのアドバイス

地方公共団体の職員統計調査員等が、「電話や電子メール」で個人や世帯の情報を調査することはありません。

銀行協会職員が、電話や訪問でキャッシュカード等の暗証番号をお伺いしたり、カード、現金を預かったりするようなことはありません。

対応

  1. 相手の名前、部署、電話番号を聞いて一旦電話を切り、正しい連絡先に電話をし、確認しましょう!
  2. 特に、お金の話が出れば、怪しいと考えてください。
  3. 心配であれば、「消費生活センター」「警察」に相談しましょう!

次のような「名前」を騙って、電話やメールを使って、

  • 個人情報(家族構成、年収、預貯金など)を収集したり、
  • キャッシュカードの暗証番号を聞き出したうえ、カードを抜き取ろうと訪問したりします。

※訪問の時には、「ニセ身分証」を身に着けている場合があります。

かたられる名称(1)

法務省、地方裁判所、厚生労働省、財務省、外務省国際機関、総務省 統計局、消費者庁、年金事務所、伊勢市役所、伊勢警察署、伊勢消防署、伊勢税務署、伊勢保健所、消費生活センターなどの場合

事例

行政職員が、電話をかけて消費者に、個人情報を聞いているイラスト

  1. 「台風の被害調査をしており、見舞金が出る」と電話がありました。
  2. 「世論調査の協力を求めるURL付きのメール」が届きました。
  3. 「独居の親の自宅に高齢者の動向調査を行う」という訪問がありました。

かたられる名称(2)

○○銀行、全国銀行協会、○○弁護士(実在の弁護士名を使う場合があります)の場合

事例

  1. 「元号の改元により、あなたのキャッシュカードを不正操作防止用カードに変更が必要となった。」と電話がありました。
  2. 「あなたのカードが古くて狙われやすいので、新しいものに交換する必要がある。」と電話があり、その後、偽銀行協会の職員の訪問がありました。

偽職員がタブレット端末を提示し、お客様の氏名、住所、口座番号、暗証番号を入力させようとしました。

かたられる名称(3)

NTTなどの場合

事例

「NTTの委託を受けてNTTに代わって、電話料金が安くなる申込受付をしています。」と言って自宅に訪問することを約束させ、NTTをかたって他者サービスへの申込をさせます。

次の〈外部リンク〉に詳しく記載されています。

より良いホームページにするために、ページのご感想をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページに関するお問い合わせ

伊勢市消費生活センター(商工労政課内)
〒516-8601
三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号
東館3階
電話:0596-21-5717
ファクス:0596-22-5014
伊勢市消費生活センター(商工労政課内)へのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。